タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経営学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   企業と社会論特殊問題  
担当教員   高岡 伸行  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   水3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Business and Society  
授業の概要・ねらい 株式会社制度を基盤とした社会的責任ビジネスの企業および事業モデルに関する知見の提示と
そのマネジメントのあり方を考える  
授業計画
内容
1ガインダンス
(講義の順番構成や内容は進行具合および受講者の理解度などに応じて適宜変更する場合がある)
2イントロダクション
3株式会社制度の設計思想と事業体としての特長
4株式会社企業の役割と社会的責任
5ISO26000の制度設計とそのCSR観とCSRマネジメント観
6予備日(講義の進捗度合いの調整もしくは課題報告日)
7社会的責任指向の諸プラクティスとマネジメント
8CSRの戦略発想アプローチの構図
9BoPビジネスとその事業展開
10社会的責任ビジネスの企業制度
11予備日(講義の進捗度合いの調整もしくは課題報告日)
12社会適任ビジネスのマネジメント
13CSRコストについて考える
14試験(15回目に変更の可能性もあり。その場合14回目がまとめとなる)
15まとめ
 
到達目標 株式会社企業による社会的責任経営のあり方に関する諸見解・理論の理解  
成績評価の方法 試験および課題としてのレポートや報告など提出物などを総合して評価する。  
教科書 とくに使用しないが,参考書の①と②は一読しておくこと。  
参考書・参考文献 ①Post Lawrence et al. eds. 2002 Business and Society: Corporate Strategy, Public Policy, Ethics 10th edition, McGraw-Hill,②カニェーケ=ハート編著,平本督太郎訳 『BOPビジネス3.0 持続的成長のエコシステムをつくる』,英治出版(Caneque, Casado Fernando and Hart, Stuart L. eds., [2015] Base of Pyramid 3.0, Greenleaf Publishing)③Porter, Michael E. and Kramer, Mark R. [2006] “Strategy and Society: The Link Between Competitive Advantage ad Corporate Social Responsibility”, Harvard Business Review, December, pp.77-92.  
履修上の注意 ・メッセージ 株式会社の経営構造,貸借対照表,損益計算書およびキャッシュフロー計算書の構造・構成,それぞれのステートメントにおける諸項目の勘定科目の性質や意味を理解していること。  
履修する上で必要な事項 簡単な経営分析ができること。またコストマネジメントの知見を持っていることが望ましい。  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 経済,経営,商学部などの学部教育程度の経営学の基礎知識を習得していること。
英語の文献やHP資料を理解・活用できること。  
その他連絡事項 参考書・参考文献つづき
④−−−−−,[2011] “Creating Shared Value”, Harvard Business Review, January-February, pp.1-17.
⑤Werther. Jr., William B. and Chandler, David [2014] Strategic Corporate Social Responsibility, 3rd edition, Sage  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.