タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経営学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   会計学原理特殊問題  
担当教員   齊藤 久美子  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   木1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Special Issues on Accounting Theory  
授業の概要・ねらい 企業の財務分析の手法を学び、ビジネスデータを分析できるようにする。
実際に企業分析を行うことによって、総合的な応用力を養う。  
授業計画
内容
1イントロダクション
2財務諸表の仕組み
3貸借対照表
4損益計算書
5キャッシュ・フロー計算書
6貸借対照表分析
7損益計算書分析
8資本運用効率分析
9伝統的な総合分析
10損益分岐点分析
11セグメント分析
12キャッシュ・フロー分析
13企業価値測定
14レポート作成
15レポート作成
 
到達目標 学生が財務諸表分析の方法を学び、実際に自分で分析できるようになる。  
成績評価の方法 財務分析の基本がわかれば60点、実際に分析ができ、考察できれば80点。
いずれの場合もレポートの提出は必須である。  
教科書 松村勝弘・松本敏史・篠田朝也『財務諸表分析入門(新訂版)』ビーケイシー、2015年。  
参考書・参考文献 平野健『一瞬でつかむ経営分析すらすらシート(第3版)』中経出版、2008年。  
履修上の注意 ・メッセージ 毎回、レポートを出します。確実にやれば力はつきます。  
履修する上で必要な事項 基本的な簿記の知識  
受講を推奨する関連科目 財務諸表の読み方はわかるようになっていおいてほしい  
授業時間外学修についての指示 準備学習と復習にそれぞれ最低30分、さらに授業内容に関連する課題に関する調査・考察に約1時間、合計して授業1回につき2時間程度、自主的に学習することが必要です。それをレポートの形で毎回提出してもらいます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.