タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経営学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   経営行動特殊問題  
担当教員   厨子 直之  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   金1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Organizational Behavior  
授業の概要・ねらい  ひとは学校を卒業した後も、企業や官庁など組織の中で他者と協働したり、コンフリクトを起こしたりして日々活動をしています。ひとは生きている限り、何らかの組織と関わりを持つ存在なのです。この科目のテーマは、組織における人間の行動です。授業の目標は、組織の中の人間行動に関する理論を学ぶことによって、経営実践の現場で観察されるひとの行動を理論的に分析できるようになることです。  
授業計画 ★講義形式となっていますが、ディスカッションを中心に授業を進めます。
※ディスカッションが白熱すれば、次週にずれ込むことがありますので、必ずしも上記の計画どおり講義は進むとは限りません。
内容
1イントロダクション
2Chapter 1: What Is Organizational Behavior?
3Chapter 3: Attitudes and Job Satisfaction
4Chapter 5: Personality and Values
5Chapter 7: Motivation Concepts
6Chapter 8: Motivation: From Concepts to Applications
7Chapter 9: Foundations of Group Behavior
8Chapter 12: Leadership
9Chapter 13: Power and Politics
10Chapter 14: Coflict and Negotiation
11Chapter 15: Foundations of Organization Structure
12Chapter 16: Organizational Culture
13Chapter 17: Human Resource Policies and Practices
14まとめ①
15まとめ②
 
到達目標  組織行動論や人材マネジメントに関する専門的知識を用いて、理論的かつ論理的に組織現象を分析できるようになることが最終目標です。  
成績評価の方法 ① 毎回提出のレポート(70点)
② プレゼン(30点)
※①と②の合計点に基づいて最終評価を行う予定です。  
教科書 Robbins, S. P. & Judge, T. A.(2012)Organizational Behavior, 15th ed., global ed., Boston: Person.

※テキストは,変更する可能性があります。  
参考書・参考文献 授業中に紹介します。  
履修上の注意 ・メッセージ テキストは欧文文献ですので、
①課題とプレゼンがハードであることを了解できること
②英語と日本語の読み書き・コミュニケーションに支障が無いこと
以上の要件を満たさない場合は、単位修得は極めて難しいと思ってください。
詳しいことは第1回目の講義でお話しします。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 準備学習と復習にそれぞれ最低1時間、さらに授業内容に関連する課題に関する調査・考察に約1時間、合計して授業1回につき3時間程度、自主的に学習することが必要です。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.