タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経営学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国際経営論特殊問題  
担当教員   高 瑞紅  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   金4   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) International Business  
授業の概要・ねらい この講義では、国際経営論の基本的な概念や理論を実践と融合させること、日本企業の国際経営の実態を理解すること、さらに、今後の国際経営論における課題を発見することを目標とする。「日本企業の戦略は下手だ。経営戦略とマネジメントをアメリカ人に任せ、生産管理を日本人に任せれば、最強無敵な企業経営になる。」とある経営者は語っている。欧米・アジアの国々や地域における企業経営の特徴や問題点を、日本企業と海外企業の事例に基づきながら考える。理解を深めるため、随時、関連する文献を紹介し、企業のトップマネジメントによる講演や、ビデオ教材の使用を考えている。  
授業計画
内容
1イントロダクション:講義の進め方および概要
2企業経営の国際比較
3海外進出の戦略的展開
4国際マーケティング戦略
5グローバル統合と現地適応
6競争優位のアライアンス戦略
7海外生産と技術移転
8国際化と人的資源管理  
9異文化組織のマネジメント 
10グローバル化と産業集積
11東アジアの国際分業
12企業間取引関係の国際比較
13韓国企業の海外事業展開
14グローバリズムと日本企業
15まとめ
 
到達目標 授業では、理論的な学習の他に、ケース分析、グループ討論と発表、個人のフィールド・リサーチなど、多様な方法を用いて、グローバルな文脈における企業戦略やマネジメントの面白さと複雑性・重要性を理解できるようにする。  
成績評価の方法 発言、レポート、期末テストの成績で総合的に評価します。  
教科書 特になし  
参考書・参考文献 講義中に適宜紹介する  
履修上の注意 ・メッセージ 経営学の基礎的な科目、マクロ経済に関連する基礎的な科目を事前履修していることが望ましい。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 予習と復習にそれぞれ最低30分、さらに授業内容に関連する課題に関する調査・考察に約1時間、合計して授業1回につき2時間程度、自主的に学習することが必要です。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.