タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 専攻共通科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   アカデミック・ライティング  
担当教員   中野 律  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Academic Writing  
授業の概要・ねらい 様々な教材を利用してアカデミック・ライティングに関する基本事項を確認したうえで、修士論文を書くために必要な知識とスキルを身につけます。特に、基本的な文型や表現、典型的な文章の展開パターン(パラグラフ・ライティング)に焦点をあて文章力を鍛えていきます。また教材に設けられた課題を適宜利用してディスカッションや作文のピア・レビューを行い、受講生相互の学びあいの機会をつくるとともに、文章をとおして他者と対話する実用的技能も高めていきます。  
授業計画
内容
1講義内容のガイダンスと学力確認テスト
2学習・研究のための「書く」活動について知る
3学習を自己管理し、学習方法を模索する
4文章を読んで問題点を探す①
5文章を読んで問題点を探す②
6文章の目的から構成を考える①
7文章の目的から構成を考える②
8文章の目的から構成を考える③
9論理の一貫性を考える①
10論理の一貫性を考える②
11的確な表現を追求する①
12的確な表現を追求する②
13研究の要旨を書く①
14研究の要旨を書く②
15授業のまとめ
 
到達目標 ①学術的な表現を用いて、文を書くことができる。
②論理的な文章を書くことができる。
③短い学術的な文章(研究の要旨)を、パラグラフ・ライティングの方法を用いて書くことができる。  
成績評価の方法 平常点(授業参加状況) 30%、 レポート及び小テスト 30%
研究の要旨 40% (パラグラフ・ライティングの方法を用いて)    
教科書 使用しません。必要に応じて資料を提供します。    
参考書・参考文献 『論文作成のための文章力向上プログラム―アカデミック・ライティングの核心をつかむ』 村岡貴子(他著) 大阪大学出版会  
履修上の注意 ・メッセージ  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 専攻共通セミナー  
授業時間外学修についての指示 ①パラグラフの展開方法(構成)を意識しながら、できるだけ多くの学術的な文章を読み、自分で使え表現やパターンを増やして下さい。
②学術的な表現を使って短い文を書く練習や、文章の論理性を意識して読み書きする練習を、時間をかけて行って下さい。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.