タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 専攻共通科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   アグリビジネス論特殊問題  
担当教員   橋本 卓爾  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木4   単位区分    
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Specific Issue of Agribusiness Management    
授業の概要・ねらい アグリビジネスは世界および日本経済において大きな位置を占めているとともに、食料問題や環境問題等とも深く関連している。また、最近わが国において成長 戦略の中で農業に注目が集まっている。なかでも、農業の6次産業化は加工業、流通販売業などを巻き込んだ一大産業となる可能性をはらんでいる。本授業で は、こうしたアグリビジネスの経済的位置や最近の動向を踏まえグローバルとローカルの両視点からアグリビジネスの現状や問題点について学習する。さらに、 内発型のアグリビジネス(農業の6次産業化や農業コミュニティビジネス等)に注目し、その意義や役割について考察する。    
授業計画
内容
1オリエンテーション
2アグリビジネスの基礎
3世界及び日本の食料・農業・農村問題とアグリビジネス
4日本におけるアグリビジネスの現状と問題点(1)
5日本におけるアグリビジネスの現状と問題点(2)
6日本におけるアグリビジネスの現状と問題点(3)
7多国籍アグリビジネスの現状と問題点
8求められている内発型アグリビジネス
9農業の6次産業化(総合化)・農商工連携などによるアグリビジネスの創成と展開
10農業コミュニティビジネスの創成と展開
11農業コミュニティビジネスの意義と役割
12アグリビジネスと地域再生・活性化
13アグリビジネスをめぐる新動向
14アグリビジネスをめぐる経営問題と経営戦略
15アグリビジネスをめぐる課題と展望
 
到達目標 アグリビジネス、とくに内発型アグリビジネス(農業の6次産業化等)の基本概念を理解するとともに、事例研究や各種データを用いてアグリビジネスの経営戦略や起業戦略を描けるようにする。    
成績評価の方法 レポート、授業での討論などをベースに総合的に評価する。とくに、討論での発言を重視するので積極的に討論に参加することを期待する。      
教科書 使用しない(講義レジュメを配布する予定)      
参考書・参考文献 高橋信正編著『農の付加価値を高める六次産業化の実践』筑波書房、2013年
橋本卓爾他編著『地域産業複合体の形成と展開』農林統計協会、2005年
その他授業の中で適宜指示する。    
履修上の注意 ・メッセージ 積極的な参加を望みます。    
履修する上で必要な事項 農業の6次産業を通じた地域再生について、各自事前に調べておくこと。  
受講を推奨する関連科目 アグリビジネス戦略特殊問題、アグリビジネス実践特殊問題    
授業時間外学修についての指示 毎回、十分な予習・復習を心掛けてください。特に授業で学んだ新しい言葉や概念については、その言葉や概念を用いて簡単な文章が書けるように自ら努めること。    
その他連絡事項 アグリビジネス経営者等との討論やフィールドワークを実施する予定である。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.