タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 専攻共通科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   大学院インターンシップ  
担当教員   長廣 利崇  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   通年  
曜日・時限     単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Pre-Guidance for Internship  
授業の概要・ねらい インターンシップは、大学の外の社会をフィールドとして、大学で学んだことや大学で学べないことも含めて、学習するものです。当然そのフィールドには多くの関係者が存在しています。その関係者は大変忙しい中で皆さんの学習を支援してくれようとしています。この授業では、皆さんが上の事実を認識した上で実際にインターンシップに行くために必要な最低限度の知識と教養とを身につけます。その後、受け入れ先でのインターンシップに行ってきてもらいます。インターンシップから何を得ることができたのか、それはその後のキャリア形成においてどのように活かすことができるのかについて、ポスターセッションを行い、関係者からアドバイスをもらいます。  
授業計画
内容
1インターンシップとは?~参加体験談から考える活用法~
2業界・職種研究講座
3実習先の選び方とエントリーシートの書き方/参加のための手続き説明
4自由応募インターンシップについて
5マナー1(訪問編)
6目標設定と事前準備
7マナー2(職場編)
8実習
9実習
10実習
11実習
12実習
13実習
14事後学習
15事後報告会
 
到達目標 インターンシップとは何か、その意義・種類、応募方法、選択の仕方、活用する秘訣、マナーなどを理解する。  
成績評価の方法 授業の参加態度によって評価する。  
教科書 なし  
参考書・参考文献 なし  
履修上の注意 ・メッセージ 出席は評価の前提となります。やむを得ない事情がある場合には、必ず事前に所定の理由書を提出することが必要です。マナー講座の時にはスーツ着用です。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 事前に昨年度に先輩が行ったインターンシップについてのポスターを見てイメージを膨らませておいてください。(キャリアセンター内)企業の情報については、事前に企業のホームページなどで自分の力で入手できる情報を集めておいてください。授業終了後に、授業で学習した方法で入手した情報と事前に集めておいた情報とを比較し、確認を深めておいてください。姿勢についてはやはり事前にイメージを獲得しておいてください。事後に於いては学習した内容を実践的に使用することで効果を高めてください。目標設定については、昨年度に先輩が作成したポスターを見ておき、授業終了後に授業で学習した内容を踏まえて、自身の設定をより確実に行えるようにしてください。
事後報告会のために活動を振り返りポスターを作成しますので、その準備が必要となります。  
その他連絡事項 後報告会での発表は必ず行わなければならないので注意すること。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.