タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   英語Ⅰ  
担当教員   村島 佳子  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   月2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   経済学部  
科目名(英語表記) English Ⅰ  
授業の概要・ねらい 伝達手段としての英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)の力をしっかり養成することを目的とし、英語を聴くこと、読むことを通して、文法知識を復習し、再確認しながら英語の総合力を高めていきます。LISTENING と READING を軸に、各々から SPEAKING・WRITING へと繋がる学修ができるテキストを用いて言語運用能力を身に付けていきます。                                          
 
授業計画 Listening セクションでは、聞き取りに必要なポイントやコツを整理し、身近なトピックによる会話でその応用を学修します。    Reading セクションでは文法項目の基本を整理しながら400語程度の文章を読み展開法や論理構成を学修します。
内容
1ガイダンス (授業の進め方、テキストの使い方等の説明、その他諸注意)
2Unit 1: Let's Clean Up ! [Listening] (音の変化現象)    [Reading] (文の種類)
3Unit 1    つづき
4Unit 2: Human Society [L] いろいろな数値 [R] 動詞
5Unit 2   つづき
6Unit 3: Express Yourself with Emoji ! [L] 発音しづらい音を含む語句の聞き取り  [R] 時制
7Unit 3   つづき
8Unit 4: Good Sleep, Good Health [L] 挨拶文の聞き取り  [R] 助動詞Unit 8: Care for an Exoskeleton?
9Unit 4   つづき
10Unit 5: Job Interview Success [L] 挨拶文、勧誘文の聞き取り  [R] 名詞・冠詞
11Unit 5   つづき
12Unit 6: Dress Your Own Way [L] 依頼文の聞き取り [R] 代名詞
13Unit 6    つづき
14Unit 7 : New Ways to Travel [L} 絵や写真を頼りに聞き取る [R] 形容詞・副詞
15まとめ 試験
 
到達目標 高校終了段階までに学ぶ英語の基本を確立させることを前提とした上で、さらに一歩を進め、大学生として標準的に求められるレベルの英語に習熟することを目標とします。語彙・表現・文法等には、難解なものを除いて制約を加えません。音声については国際的な英語のレベルを志向しますが、英語を母語としないものが英語コミュニケーションに参加するケースを想定した配慮を加えることがあります。十分な練習を積み重ね、大学生レベルの英語を学びます。  
成績評価の方法 定期試験 80%   課題提出・授業中の発表 20%
 
教科書 TARGET!   森田 彰 他 著   金星堂  9784764740358
 
参考書・参考文献 適宜授業中に紹介します。  
履修上の注意 ・メッセージ 必ず辞書を持参してください。     全授業回数の1/3以上の欠席は認めません。

 
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.