タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - 「教養の森」科目群【科目群5】
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   人文地理学  
担当教員   山神 達也  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   全学部・全学年  
科目名(英語表記) Introduction to Human Geography  
授業の概要・ねらい 教科としての「地理」は,暗記すべき項目が無味乾燥に並んでいるというイメージが強いようですが,その背後には,学問としての「地理学」の研究成果が隠れています。本講義では,①地図にみえる人々の世界や地域の認識の仕方,②日常生活を地図化することから見えてくる現代社会の諸相,③都市空間の変容過程,④産業立地から捉える日本の姿,という4つのテーマについて,基本的な考え方と様々な事例を示していきます。その後,それらをもとにして,和歌山をどのように理解すればよいかを検討します。高校で「地理」を受講していなくても,地名や特産品などを暗記しなくても,地理を考えるとはどのようなことなのかを理解すること,そして各種社会問題における地理的課題の重要性について意識を高めることが目標です。  
授業計画
内容
1イントロダクション:現代人と地理
2インド洋を封鎖できません!:世界図の歴史
3日本の形は変わるんです:日本図の歴史
4頭の中に地図:メンタルマップの基礎
5頭の中の地図:地域を認識することについて考える
6あなたの日常を地図にします:時間地理学の基礎
7日常生活の地図から社会を読み解く:時間地理学の応用例
8都市にも人生がある? 都市空間の拡大と変容
9南海電車の車窓から:都市における土地利用パターン
10河川敷でビールを売ろう! :小売業の立地について考える
11モノを運ぶのは大変だ:立地論からみる日本の地域構造
12海が遠い和歌山:地形図にみる和歌山市の発展
13南北格差はイタリア以上? :和歌山県の地域構造
14ド田舎が一番! :田園に回帰する若者たち
15まとめ:Geography matters!
 
到達目標 地理学の基本的な考え方を身に付けることを通して,地理を考えるとはどういうことか,そして各種社会問題において地理がどのように問題になるのかという点について理解を深める。  
成績評価の方法 平常点30%(受講態度,授業内レポートなどの各種提出物の内容)
期末試験70%(講義内容の理解度を問う正誤問題と論述問題)  
教科書 使用しません。資料を配布します。  
参考書・参考文献 人文地理学全般:竹仲克行2015『人文地理学への招待』ミネルヴァ書房
地図の歴史:応地利明2007『「世界地図」の誕生』日本経済新聞社,上杉和央2015『地図から読む江戸時代』ちくま新書
メンタルマップ:中村豊・岡本耕平1993『メンタルマップ入門』古今書院,ケヴィン・リンチ2007『都市のイメージ 新装版』岩波書店
時間地理学:荒井良雄ほか1996『都市の空間と時間』古今書院,宮澤仁2005『地域と福祉の分析法』古今書院
都市地理:ノックス&ピンチ2013『改訂新版 都市社会地理学』古今書院年,水内俊雄ほか2008『モダン都市の系譜』ナカニシヤ出版
立地論:川端基夫『立地ウォーズ 改訂版』新評論2013年,松原宏『現代の立地論』古今書院2013年
田園回帰:小田切徳美・筒井一伸2016『田園回帰の過去・現在・未来』農文協  
履修上の注意 ・メッセージ 高校で地理をとっていなくても問題ありません。また,本講義では準備学習は不要です。ただし,各回で紹介する地理学的考え方については復習の時間をとってほしいと思います。また,地理が関係する事象は至る所に存在します。歩いているとき,バス・電車に乗っているとき,新聞・テレビ・インターネットに接しているときに地理的情報を見出し,それらをどう解釈すればよいかを考える機会を数多く設けるようにしてください。そして,それらと講義内容との関連を考えるようにしてください。  
履修する上で必要な事項 作業を課すことがあるので,色鉛筆など4色程度を持参するとよい。  
受講を推奨する関連科目 歴史学,地域づくり概論,景観生態学,「わかやま学」関連科目  
授業時間外学修についての指示 上記のとおり,復習には十分に時間をとって下さい。また,上記したものや授業中に指示した参考文献を読む時間も設けてほしいと思います。また,授業の内容を念頭に置きながら,風景を眺めたり各種情報に接したりする時間を設けてください。  
その他連絡事項 連絡事項があるときは授業中にもしくは掲示にて伝える。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.