タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   英語Ⅳ  
担当教員   Collins,Kevin Keyes  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火1   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   経済学部  
科目名(英語表記) English Ⅳ  
授業の概要・ねらい 前期に引き続き、会話の基礎となる表現をしっかり理解し、それを滑らかに運用することを目指する。平易な文を正しく使うことを重視する。  
授業計画 教科書の後半に沿って、いろいろな会話や模範文を練習し、基本的なコミュニケーションの能力を高める。
Day1: Introduction to the course. Review Classroom English Expressions
Day 2: Text Unit 6A (object pronouns)
Day 3: Text Unit 6B (like + ...ing)
Day4: Text Unit 6C (review: be or do?)
Day 5: Text Unit 7A (simple past be-verb)
Day 6: Text Unit 7B (simple past regular verbs)
Day 7: Text Unit 7C (simple past irregular verbs)
Day 8: Text Unit 8A (simple past regular v. irregular verbs)
Day 9: Text Unit 8B (there is / there are, any / some)
Day 10: Text Unit 8C (there was / there were)
Day 11: Text Unit 9A (countable and uncountable nouns)
Day 12: Text Unit 9B (quantifiers: how much? how many?)
Day 13: Text Unit 9C (comparatives)
Day 14: Text Unit 10A (superlatives)
Day: 15: Text Unit 10B (future with "be going to")
 
到達目標 前期に引き続き、会話の基礎となる表現をしっかり理解し、それを滑らかに運用することを目指する。平易な文を正しく使うことを重視する。  
成績評価の方法 平常点40%、小テスト40%、授業参加(発表、宿題提出、ペアワークなど)20%
注:欠席が期間授業数の1/4を超えた場合、単位の取得は不可能となる。  
教科書 Latham-Koenig, et.al., American English File 1(Oxford UP, 2011)  
参考書・参考文献  
履修上の注意 ・メッセージ 単位をとるのに、十分に予習して積極的に参加することは極めて重大な条件である。会話を自然に行うため、学生に必ず座席を最前列から詰めて座っていただく。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.