タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   英語Ⅱ  
担当教員   遠藤 史  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   経済学部  
科目名(英語表記) English Ⅱ  
授業の概要・ねらい アメリカの3大ネットワークの1つCBSの看板ニュース番組 CBS Evening Newsで放映されたニュースを視聴し、最新トレンド、健康やライフスタイル、経済、ポップカルチャー、エンターテインメントなどの日常的な話題に触れ、現代社会(特にアメリカ)で人々は何に興味関心を持っているかを理解していく。あわせて様々な練習問題に取り組み、英語の力を伸ばしていく。英語でアクセスできる世界は広い。その広さと楽しさを味わってほしい。  
授業計画
内容
1ガイダンス:受講者の確認、出席・評価、授業の進め方について。
授業の狙い、教科書の概要を説明。
2第2週以降は教科書の内容に基づいて進めていく。各課の内容は次の通り。
What's for lunch?
3California bans single-use plastic bags
4How a dog can improve your health
5The shoe that grows
6Cat library offers purrfect solution to stress
7The evolution of comic books in the digital age
8Can drinking soda make you age faster?
まとめのテスト(1回目)
9What you like on facebook could affect your job search
10Is sitting the new smoking?
11Matcha madness sparks new tea craze
12Daddy duty
13One man's long journey to help a stranger walk again
14Slurping to success
15復習
まとめのテスト(2回目)
 
到達目標 リスニングの十分な練習を積むこと。時事的なニュースに使われる単語を習得すること。英語の基礎をしっかり固め、力を伸ばすこと。  
成績評価の方法 まとめのテスト(70%)、小テスト(30%)  
教科書 CBS News Break 3 (成美堂)  
参考書・参考文献 授業中に随時指示する。  
履修上の注意 ・メッセージ 外国語の授業は参加と繰り返しが大事です。「理解すればいい」だけでなく「自分が使える」ことを目標にしてください。
単位を出すための出席率は3分の2以上(遅刻は2分の1欠席と数える)です。ターゲットスキル G  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.