タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - シティズンシップ科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育学総論  
担当教員   谷口 知美  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   全学部・全学年
【教育学B】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) General Introduction of Pedagogy  
授業の概要・ねらい 教育について経験的に「知っている」段階から学問的な理解へと導く。現代の学校および子どもの諸問題について知り、発達の観点から子どもをとらえ、教育的なはたらきかけとは何かを考えていく。「学力低下論」について自分の考えをもち、近年諸外国から注目されている日本の授業研究の意義についても理解を深める。  
授業計画 1.教育論から教育学へ、学校とは何か(1)
2.学校とは何か(2)
3.学校とは何か(3)
4.現代社会における子どもの発達(1)
5.現代社会における子どもの発達(2)
6.近代教育思想(1)
7.近代教育思想(2)
8.「発達の最近接領域」の概念と「共同学習」
9.まとめの講義と中間試験
10.「つまずき」の教育的意味
11.「学力低下論」の検証(1)
12.「学力低下論」の検証(2)
13.学力テストの功罪
14.日本の授業研究
15.まとめの講義と期末試験  
到達目標 発達の観点から人間を見る姿勢を獲得し、子どもに対するはたらきかけ、教師の成長について理解する。資料をもとに事実を捉える思考力を獲得する。  
成績評価の方法 平常点15%、中間試験40%、期末試験45%  
教科書 特に指定しない。  
参考書・参考文献 そのつど提示する。  
履修上の注意 ・メッセージ 準備学習・復習等、自主学習の内容:各回の内容に関する参考文献を提示するので、予習・復習に役立てること。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.