タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   英語Ⅲ  
担当教員   Collins,Kevin Keyes  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火1   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   経済学部  
科目名(英語表記) English Ⅲ  
授業の概要・ねらい このコースの主なテーマは「Talking about Japan」、つまり「日本を語る」。
日本伝統文化など身近な材料(例えば、歴史・宗教・文学・料理・大衆文化など)を取り扱いながら、英語の話す技能を高める。日本のことを外国人にわかりやすく紹介できることを目指す。
 
授業計画 各週の授業は、二分構造。一つは、最終のプレゼンテーションの準備を中心にし、一つはテキストにそって、日本のことを英語で説明する方法と表現を学習する。
内容
1第1回
"Welcome to Japan"
コースの概要を説明する。Be-動詞
2第2回
Things Japanese Part I
Identifying and describing Japanese objects.
単数 v. 複数
3第3回
Things Japanese Part I (continued)
"What is... called?"
"What is it for?"
4第4回
Countries and Nationalities 国と国籍
Describing where you are from
5第5回
Countries and Nationalities (continued)
Review of Be-verb
Talking about origins
6第6回
Names 姓名と名称
Self introductions / How to say 〜 in English (Japanese)
選択疑問文
7第7回
Names (continued)
Passive Voice (1)
8第8回
Names (continued)
Talking about the Japanese writing system.
9第9回
Land & People 日本と日本人
Describing the geography and physical features of Japan

10第10回
Land & People (continued)
Describing locations / describing characteristics (using adjectives, etc.) / Questions with "How"
Using "There is/are..." and "It has ..." to describe features.
11第11回
Customs & Manners (continued)
Gerunds & infinitives / Adverbs of frequency
12第12回
Customs & Manners (continued)
Comparing past and present with "used to"
13第13回
Religion 宗教
Talking about differences / Invitations
14第14回
Religion (continued)
Modals of advisability and necessity (should, shouldn't, must, must not, etc.)
15第15回
Religion (continued)
Asking & giving opinions
 
到達目標 中学校から学習してきた英語を基盤にして、日本のことを他者に対して簡潔に表現する自身を養う。  
成績評価の方法 平常点40%、小テスト40%、授業参加(発表、宿題提出、ペアワークなど)20%  
教科書 HP(http://www.wadaienglish.net)でプリントなどを提供する。  
参考書・参考文献 必要に応じて指示する。  
履修上の注意 ・メッセージ 単位をとるのに、十分に予習して積極的に参加することは極めて重大な条件である。会話を自然に行うため、学生に必ず座席を最前列から詰めて座っていただく。

ターゲットスキル S  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.