タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ドイツ語初級Ⅰd  
担当教員   兵頭 俊樹  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火4,木2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部・再履修者
人数制限有(55名)
【ドイツ語○Ⅰ】【ドイツ語初級Ⅰ○】取得者は履修不可  
科目名(英語表記) Elementary GermanⅠd  
授業の概要・ねらい ドイツ語の授業では、ドイツ語の文法知識を体系的に概観しながら、基本的な文法項目について学習し、ドイツ語の初歩的な文章が読めるようにする。また学習した文法事項を実践的な表現力として活かせるように、練習問題などを通して表現学習を行なう。したがって、使用する教科書は従来型の文法教科書の枠組みを踏襲しているが、多様な練習問題によって発信型の語学力養成をめざすクラスにも対応できるよう配慮したものになっている。なおドイツ語Ⅰdでは使用する教科書をすべて学習することができないので、ドイツ語IIaで残りの文法項目について、Ⅰdと同様の方針で学習する。つまり、引き続きドイツ語の学習を希望する学生は、ドイツ語IIaを受講することでドイツ語の基礎学習を完成することができる。  
授業計画 教科書に従って、ドイツ語文法の以下の各項目を順次学んでいく。進度は理解度などをはかりつつ、臨機応変に対応したい。            
内容内容
1アルファベット(1)16中間試験
2アルファベット(2)17話法の助動詞(1)
3英語とドイツ語(1)18話法の助動詞(2)
4英語のドイツ語(2)19分離動詞(1)
5綴りと発音(1)20分離動詞(2)
6綴りと発音(2)21非分離動詞(1)
7動詞の現在人称変化(1)22非分離動詞(2)
8動詞の現在人称変化(2)23動詞の3基本形(1)
9冠詞と冠詞類(1)24動詞の3基本形(2)
10冠詞と冠詞類(2)25未来(1)
11名詞の性・数・格(1)26未来(2)
12名詞の性・数・格(2)27現在完了(1)
13前置詞(1)28現在完了(2)
14前置詞(2)29まとめ(1)
15まとめ30まとめ(2)
 
到達目標 ドイツ語初級段階の文法の基本的な重要事項の習得。  
成績評価の方法 中間試験(40%)および定期試験(40%)の成績と、日常的に実施する小テストなどの平常点(20%)を、総合して評価する。  
教科書 特に指定しない。前期で使用した教科書をもっていればそれを用いる。初めての受講者には別途指示する。  
参考書・参考文献 授業中に推薦するものを含めて数種類の辞書について説明するので、その後に必ず辞書を入手すること。  
履修上の注意 ・メッセージ 語学は日々の学習の積み重ねが大切なので、必ず十分な時間を予復習に充てたうえで、授業に出席すること。また授業中に頻繁に辞書を使用するので、辞書を必ず携帯すること。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.