タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ドイツ語初級Ⅱ  
担当教員   千田 まや  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火4,木2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部
人数制限有(55名)
【ドイツ語○Ⅱ】【ドイツ語Ⅱ○】取得者は履修不可
 
科目名(英語表記) Elementary GermanⅡ  
授業の概要・ねらい 前期のドイツ語初級Ia、Ib、Icの教科書を引き続き使用して、基本的な文法事項の後半部分を学習し、初級レベルのドイツ語を理解できるようにする。また学習した文法事項を実践的な表現力として生かせるように、練習問題などを通して、多様な表現練習を行なう。ドイツ語初級Ia、Ib、Icで始まった、ドイツ語の学習は、ドイツ語初級Ⅱを履修することで完結される。  
授業計画 1.2.ドイツ語初級Iの復習
3.4.第9課
5.6.第10課
7.  まとめと演習
8.9. 第11課
10.11.第12課
12.13 第13課
14  中間テスト
18-30 初級文法の知識の応用として、簡単な読み物の講読、日常会話、旅行会話を行う。
 
到達目標 ドイツ語Ia、Ib、Icが入門篇の前半部であり、ドイツ語Ⅱがその後半部である。したがって、この授業でドイツ語の初級レベルの過不足の無い語学力の習得をめざす。  
成績評価の方法 重要事項の説明の後に演習形式で練習問題を解く。毎回、授業の始めに小テストを行ない、習得事項の確認を行なう。小テストのほかに、中間試験と期末試験を行ない、小テストを含む平常点20%、中間試験40%、期末試験40パーセントで、成績の評価を行なう。  
教科書 上村昴史・寺澤大奈「ヴェスト 初級ドイツ語クラス」(白水社)  
参考書・参考文献 授業中に適宜指示する。  
履修上の注意 ・メッセージ ①ドイツ語初級Iの単位を取得していること。②語学は日々の学習の積み重ねが大切なので、必ず十分な時間を予復習に充てたうえで授業に出席すること。③授業中に頻繁に辞書を使用するので、辞書を携帯すること。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.