タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   中国語初級Ⅱ  
担当教員   瀧野 邦雄  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火3,木1   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部
【中国語○Ⅱ】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) Elementary Chinese Ⅱ  
授業の概要・ねらい  基本的な構文を中心とした中国語を学んで、学習の基礎づくりを行ないたいと思います。それと同時に、発音を中心とする音声面もしっかりと学習してもらうつもりです。
 
授業計画 授業計画(予定)
1回目 中国語とはどんな言葉か  2回目 発音練習 
3回目 発音練習           4回目 発音練習
5回目 発音練習           6回目 発音練習
7回目 文法の復習          8回目 文法の復習
9回目 文法の復習          10回目 文法の復習
11回目 文法の復習         12回目 文法の復習
13回目 文法の復習         14回目 文法の復習
15回目 聞き取り練習        16回目 聞き取り練習
17回目 聞き取り練習        18回目 聞き取り練習
19回目 聞き取り練習        20回目 聞き取り練習
21回目 聞き取り練習        22回目 聞き取り練習
23回目 読解練習          24回目 読解練習
25回目 読解練習          26回目 読解練習
27回目 読解練習          28回目 総復習
29回目 質疑応答          30回目 まとめと試験  
到達目標 中国語初級の学習目標として、次の五点を考えています。
①ピンイン(ローマ字表記)を正しい発音で読む。
②よく使う簡体字(1000字程度)の読み書きができる。
③基礎語彙(1000語程度)を覚える。
④基礎的な文法を理解する。
⑤中国文化についての基礎的な知識を持つ。  
成績評価の方法 定期試験40%、平常成績60%(出席状況、受講態度)  
教科書 プリント使用  
参考書・参考文献 授業中に指示する。  
履修上の注意 ・メッセージ 中国語4単位以上を修了したものに限る。3回以上欠席した人は期末試験を受験できない。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 準備学習と復習にそれぞれ最低30分、さらに授業内容に関連する課題に関する調査・考察に約1時間、合計して授業1回につき2時間程度、自主的に学習することが必要です。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.