タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   中国語初級Ⅰ  
担当教員   矢羽野 芳枝  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火4,木2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   経済学部優先
【中国語○Ⅰ】取得者は受講不可   
科目名(英語表記) Elementary Chinese Ⅰ  
授業の概要・ねらい 中国語の発音と表音ローマ字の対応を学び、基本的な文法の習得を目標とする。  
授業計画 第1回 発音①
第2回 発音②
第3回 発音③
第4回 発音④
第5回 第1課①
第6回 第1課②
第7回 第2課①
第8回 第2課②
第9回 第3課①
第10回 第3課②
第11回 第4課①
第12回 第4課②
第13回 第5課①
第14回 第5課②
第15回 第6課①
第16回 第6課②
第17回 発音テスト
第18回 第7課①
第19回 第7課②
第20回 第8課①
第21回 第8課②
第22回 第9課①
第23回 第9課②
第24回 第10課①
第25回 第10課②
第26回 第11課①
第27回 第11課②
第28回 第12課①
第29回 第12課②
第30回 まとめ
最終週 期末試験
 
到達目標 ①発音記号(ピンイン)が正しく読める。
②基礎的文法事項を理解する。
③簡単な文章の読解や会話ができる。  
成績評価の方法 期末試験60% + 小テスト29% + 発音テスト11%  
教科書 『楽しい中国語 第一歩』 山下輝彦著 朝日出版社
ISBN9784255452715C1087  
参考書・参考文献 推奨する辞書・参考書については、講義のなかで紹介する。  
履修上の注意 ・メッセージ ○毎回、前回学習分の小テストをする。
○欠席した場合、学習や情報収集は各人できちんと行うこと。
○原則11回以上欠席した人には期末試験を受験させない。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 宿題や小テストの準備、予復習などに1時間程度は必要であると思われる。
またNHKラジオ・テレビの中国語講座を利用するなど、各人で工夫をして中国語を身につけてほしい。  
その他連絡事項 指示された時にはPCを持参すること。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.