タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ハングル初級Ⅰ  
担当教員   千 英子  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火4,木2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   経済学部(優先)
【ハングルⅠ○】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) Elementary KoreanⅠ  
授業の概要・ねらい 韓国語は日本語と酷似しており、日本語を話す人には学習しやすい言語である。本授業は初めて韓国語を学ぶ人のために、初歩的な日常会話の能力を養成することを目指している。授業中に学んだ会話パターンや熟語などを用いて会話練習を行なうことで、学習者が主体になって会話できるように指導する。ネイティブ先生による指導によって、韓国語の会話能力を一歩一歩確実に養ってゆこうというねらいである。
ハングル初級Ⅰで学んだ文法知識を応用し、会話を中心とした文章の成り立ちを習い、ハングル初級Ⅱ終わりには韓国語で簡単な韓国のドラマを理解できるようになるだろう。  
授業計画 講義の内容は以下の通りである。
1回目 母音           
2回目 母音と子音の組み合わせ  
3回目 子音の発音        
4回目 代表音・連音化①     
5回目 濃・激・流・鼻音化    
6回目 ハングル表記       
7回目 これは何ですか。     
8回目 何がありますか。               
9回目 まとめ、ビデオ鑑賞、小テスト
10回目 韓国料理が好きですか。
11回目 初めてお目にかかります。
12回目 お尋ね致します。
13回目 趣味は何ですか。
14回目 いくらですか。
15回目 韓国ドラマの鑑賞、質疑回答  
到達目標 韓国語の会話はもとより、韓国社会と文化への理解を深める良い機会になる。  
成績評価の方法 平常点は40%、定期試験の成績は60%の割合で評価する。  
教科書 『韓国理解への鍵―会話(話す・聞く)中心の基礎韓国語―』
金泰虎 著  
 白帝社出版
 
参考書・参考文献 ポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典(小学館)BR10  
履修上の注意 ・メッセージ 韓国語を多言語の一つとして選択し、就職活動への活用はもとより、日韓を中心とした東アジア経済圏の発展における主役になることを期待します。安価で韓国へ渡航して、学んだ韓国語を直接体験したり、確認したりすれば、大学生活の最高の思い出になるでしょう!
※単位は火曜日と木曜日とを併せてて4単位(どちらかだけを取ることができない)  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.