タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ハングル初級ⅡB  
担当教員   李 世栄  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火4   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部
【ハングルⅡB】取得者は受講不可

 
科目名(英語表記) Elementary Korean ⅡB  
授業の概要・ねらい 韓国語は日本語と酷似しており、日本語を話す人には学習しやすい言語である。本授業は初めて韓国語を学ぶ人のために、初歩的な日常会話の能力を養成することを目指している。授業中に学んだ会話パターンや熟語などを用いて会話練習を行なうことで、学習者が主体になって会話できるように指導する。ネイティブ先生による指導によって、韓国語の会話能力を一歩一歩確実に養ってゆこうというねらいである。
火曜日のハングル初級ⅡAで学んだ文法知識を応用し、会話を中心とした文章の成り立ちを習い、後期の終わりには韓国語で簡単な韓国のドラマを理解できるようになるだろう。  
授業計画 講義の内容は以下の通りである。
1回目 何時ですか           8回目 スポーツは好きですか。
2回目 お久しぶりです。        9回目 将来の夢は何ですか。
3回目 コーヒー一つください。     10回目 宿泊の予約はできますか。
4回目 どこへ行くの。         11回目 日曜日に時間ありますか。
5回目 何を差し上げましょうか。    12回目 招待してくださりありがとうございます。
6回目 韓国料理は作ることができますか。13回目 家族は何人ですか。 
7回目 どこに行くのですか。      14回目 昨日は何をしましたか。
                    15回目 韓国語の勉強は楽しかったですか。まとめ  
到達目標 韓国語の会話はもとより、韓国社会と文化への理解を深める良い機会になる。  
成績評価の方法 出席状況、講義時の対応、小テスト、定期試験の成績などを総合的に評価する。
平常点は40%、定期試験の成績は60%の割合で評価する。  
教科書 プリント配布  
参考書・参考文献 ポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典(小学館)  
履修上の注意 ・メッセージ 毎回しっかり授業に参加し、勉強することが大事です。韓国語は日本語と酷似しており、基礎を学習しただけでも、辞書を引きながら韓国の童話、簡単な新聞記事まで読解ができ、旅先で買い物ができます。前向きに頑張りましょう。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.