タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(身体コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   保健体育実技B  
担当教員   藤永 博  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   月2   単位区分    
授業形態   実技   単位数  
準備事項    
備考   経済学部  
科目名(英語表記) Physical Education Activity B  
授業の概要・ねらい 社会人基礎力を構成する能力のなかに「前に踏み出す力」「チームで働く力」があります。前者は「多様な人々とともに、目標に向けて協力する力」、後者は「一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」と説明されています。これらは社会の構成員あるいは社会の行為者としての責任・役割を果たすために必要不可欠な能力です。保健体育実技Bでは、様々なスポーツや身体活動をとおして、こうした能力を磨くためのトレーニングの機会を提供します。授業では、男子学生、女子学生、チームワークが得意な学生、苦手な学生、スポーツが好きな学生、嫌いな学生など、多様な学生がチームをつくって活動します。そのため、様々な小さなコンフリクト(意見・感情・利害の衝突)が生じると思います。それらを客観的に捉え、「他者への働きかけ」や「他者の受け入れ」によって解決していく体験をとおして、「前に踏み出す力」と「チームで働く力」を高めていきます。  
授業計画 1. ガイダンス 授業計画・到達目標(チームワーク用ルーブリック)等について/EQ自己評価
2.アイスブレーキング/チームビルディングの手法
3.バドミントン(1) ダブルス
4.バドミントン(2) ダブルス(チーム戦)
5.ソフトバレーボール(1)
6.ソフトバレーボール(2)
7.ソフトフライングディスク(1)
8. ソフトフライングディスク(2) ゴールディスク(ソフトアルティメット)
9.4人制ソフトテニス(1) 
10.4人制ソフトテニス(2)
11. ブラインドウォーク/ブラインドサッカー
12. ダブルダッチ
13. 卓球 ダブルス
14. 卓球 ダブルス(チーム戦)
15. 授業のまとめ~レポート(教室)
 
到達目標 「前に踏み出す力」「チームで働く力」用のルーブリックに示された各評価観点でレベル2以上を達成する(ルーブリックの評価観点についてはガイダンスや授業で説明します)。  
成績評価の方法 ①授業記録用紙 70%(授業中に記入してもらいます。)
②レポート 30%(到達目標の達成状況等に関するレポートを15回目の授業の時間中に書いて提出してもらいます。)


 
教科書 使用しません。必要に応じてプリントを配布します。  
参考書・参考文献 ①『チームワークの心理学』 山口裕幸(著) サイエンス社
②『EQ入門―対人能力の磨き方』 高山直(著) 日本経済新聞出版社
他の参考書等は必要に応じて授業中に紹介します。
 
履修上の注意 ・メッセージ 運動に適した服装・シューズを着用してください。用具は大学の備品を使用することができます。
 
履修する上で必要な事項 積極的に授業に参加し、他の受講生との関わり合いのなかで到達目標の達成を目指してください。  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 ①ルーブリックに示されている「行動目標(評価観点)」を常に意識して、大学生活の様々な場面で実行してみてください。
②参考書などを利用してチームワークなどについて自主的に学んでください。
 
その他連絡事項 授業で取り上げる教材(種目)や授業の順序は、天候や施設の状態によって変更することがあります。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.