タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - 「教養の森」科目群【科目群1】
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ミュージアムを使う  
担当教員   橋本 唯子  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   月2   単位区分    
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部・全学年(博物館学芸員資格取得予定者は2~3年)
人数制限有(博物館学芸員資格取得予定者を優先、50名)
教育学部開講【博物館教育論】取得者は受講不可
 
科目名(英語表記) Museum Education Studies  
授業の概要・ねらい 博物館は、図書館や公民館と共に社会教育施設の一つとして設置されている。博物館施設を規定する「博物館法」には「教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行」うとし、その事業は「学校、図書館、研究所、公民館等の教育、学術又は文化に関する諸施設と協力し、その活動を援助すること。」とある。今後ますます求められるだろう博物館における教育活動について学び、「ミュージアムを使う」ためのコンテンツを創出する基礎的な能力を培う。  
授業計画
内容
1はじめに:それぞれにおける”ミュージアムの使い方“
2社会教育施設としてのミュージアム:図書館、公民館とミュージアムの違いと協働
3コミュニケーションの場としてのミュージアム:「双方向性」をキーワードに
4キーワードは”連携“:地域との連携、学校との連携、企業との連携
5博物館における教育プログラムのプランニング(グループによる作業)
6博物館における教育プログラムのプランニング(グループによる作業)
7鑑賞補助教材(ワークシート)について(講義)+演習
8博物館における教育プログラムのプランニング(グループによる作業)
9博物館における教育プログラムのプランニング(グループによる作業)
10鑑賞教育講義+演習:ギャラリートーク(列品解説)を学び、グループでギャラリートークの内容を作る
11鑑賞教育演習:グループによるギャラリートーク(発表)
12博物館における教育プログラムのプランニング(グループによる作業)
13博物館における教育プログラム(グループによる発表)
14博物館における教育プログラム(グループによる発表)
15まとめ:改めて「ミュージアムを使う=博物館教育論」とは
 
到達目標 博物館を利用するのは学校の児童生徒から壮老年層まで、実に幅広い年齢層の人々である。様々な層に向けて「ミュージアムを使う」ためのコンテンツを創出する基礎的な能力を培ってほしい。  
成績評価の方法 小レポート(毎回の「教養の森ひろば」への書き込み)30%、口頭発表の成果30%、策定した教育プログラムの企画書とワークシート40%  
教科書 使用しないが、授業の際に資料を配布する  
参考書・参考文献 授業内で適宜紹介する  
履修上の注意 ・メッセージ 博物館における教育活動は、他の社会教育機関や学校教育の現場との連携事業をも含め、今後ますます求められていく。まずはミュージアムの使い手として、また一歩進んで「使い方」のプランを考えられる人材となって欲しい。  
履修する上で必要な事項 博物館における教育活動は、他の社会教育機関や学校教育の現場との連携事業をも含め、今後ますます求められていく。まずはミュージアムの使い手として、また一歩進んで「使い方」のプランを考えられる人材となって欲しい。  
受講を推奨する関連科目 21世紀ミュージアム学、ミュージアムを創る、ミュージアムで学ぶ  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項 博物館学芸員資格取得の目的で履修する場合は、「21世紀ミュージアム学」の単位を取得後、3年次までに履修すること。なお、本科目の履修を希望する学生は初回授業に必ず出席すること。50名を超えた場合、初回授業の時間に履修者を決定する(超過した場合のみ、博物館学芸員資格取得を希望する学生を優先する)。
後半は、グループワークによって教育普及イベントを策定する。その際,資料やプレゼン資料作成にPCを用いる。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.