タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - ミュージアム科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   博物館資料保存論  
担当教員   吉村 旭輝,渡部 幹雄,橋本 唯子  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   月2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   全学部・全学年(博物館学芸員資格取得予定者は1~3年)
教育学部開講【博物館資料保存論】取得者は受講不可
学外見学会(計4回)実施予定  
科目名(英語表記) Preservation Museum Collection  
授業の概要・ねらい 博物館を規定する「博物館法」は、その事業として「実物、標本、模写、模型、文献、図表、写真、フィルム、レコード等の博物館資料を豊富に収集し、保管し、及び展示すること。」を挙げる。本科目はこのうち「保管」の部分についての知識を習得することによって資料の保存に関する基礎的能力を養うことを目的とする。なお保存するための知識を得る科目であり、保存技術を学ぶ科目ではない。  
授業計画
内容
1はじめに:博物館資料保存の意義、保存科学とは(吉村旭輝)
2博物館資料の保存と保存環境概説:資料の状態調査と現状把握(吉村旭輝)
3博物館資料の梱包と輸送(吉村旭輝)
4博物館資料の劣化要因と保存環境①:(仮)大学博物館と資料(吉村旭輝)
5博物館資料の劣化要因と保存環境②:災害(地震、火災、水害など)―東日本大震災時の「文化財レスキュー事業」(橋本唯子)(日程未定)
6人文系博物館の収蔵庫における資料の保存①:学外博物館見学―和歌山市立博物館(時間外・日程未定)
7人文系博物館の収蔵庫における資料の保存②:学外博物館見学―和歌山県立近代美術館(時間外・日程未定)
8人文系博物館の収蔵庫における資料の保存③:学外博物館見学―歴史館いずみさの(予定)(時間外・日程未定)
9文化資源の活用と保存①:エコミュージアムの理念と実践(渡部幹雄)(日程未定)
10文化資源の活用と保存②:世界遺産、重要伝統的建造物群保存地区、無形文化財(獅子舞)など(吉村旭輝)
11自然系博物館の収蔵庫における資料の保存①:学外博物館見学―きしわだ自然博物館(時間外・日程未定)
12自然系博物館の収蔵庫における資料の保存②:学外博物館見学―和歌山県立自然博物館(時間外・日程未定)
13自然系博物館の収蔵庫における資料の保存③(ゲストスピーカー:揖善継(和歌山県立自然博物館学芸員))
14文化資源の活用と保存―付:湯浅町(醸造町・重伝建地区)見学と湯浅町顕国神社若宮祭(夏祭り)(無形文化財の保存と活用・顕国神社)見学(時間外・7/18)
15まとめ:あらためて「資料を守る」ために(吉村旭輝)
 
到達目標 博物館における資料は多岐に渡る。そのすべての保存方法に詳しくなることは難しいが、「どうしたら守れるのか。」という知識と意識を養ってもらいたい。また本科目では単に博物館に収蔵されている資料のみならず、生物資料を養う自然環境や歴史的な文化資源をも博物館資料として捉え、これを守り続けることについても学ぶ。「文化」を守り続ける人材としての知識を得て欲しい。  
成績評価の方法 授業への積極的参加、期末のレポートおよび授業内で課す課題の成果。またグループワークでの作業を行い、簡単な口頭発表を行うので、その参加意欲をもって評価。  
教科書 使用しないが、授業の際に資料を配布する  
参考書・参考文献 授業内で適宜紹介する  
履修上の注意 ・メッセージ 多岐に渡る博物館資料に興味関心を持ち、また広い意味での資料(上記)について理解をし、守り続けることの意義を感じて欲しい。「博物館資料論」と同年での履修が望ましい。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.