タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - ミュージアム科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   博物館資料論  
担当教員   吉村 旭輝,橋本 唯子,高橋 健一,尾久土 正己,中串 孝志  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木1   単位区分    
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部・全学年(博物館学芸員資格取得予定者は1~3年)
教育学部開講【博物館資料論】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) Museum Materials  
授業の概要・ねらい 博物館を規定する法律「博物館法」は、「「博物館」とは、歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行い、あわせてこれらの資料に関する調査研究をすることを目的とする機関」とその存在を定義づける。
本科目では、博物館を博物館たらしめている資料について、その収集、整理、保存、展示などに関する理論や方法を学び、学芸員の主たる仕事である調査研究活動のあり方について説明する。またグループワークにて、博物館資料の調査研究の実践を行う。
 
授業計画 1 はじめに―博物館の資料とは
2 博物館資料の種類
3 博物館資料の調査と研究①歴史系資料 橋本唯子
4 博物館資料の調査と研究②歴史資料+民俗系資料 吉村旭輝
5 博物館資料の調査と研究④美術系資料 高橋健一 ※時間外開講
6 博物館資料の調査と研究⑤科学系資料と博物館施設 尾久土正巳
7 博物館資料の整理I:主に美術系資料を用いて(以下同)―作品調書を取る、調べる
8 博物館資料の整理II―作品の資料写真を撮影する、個票(作品データカード)を作る
9 博物館資料の収集と保存―歴史と現状 吉村旭輝
10 博物館における調査研究①所蔵品の研究と展覧会開催のための調査研究
11 博物館における調査研究②展覧会を企画するために+グループ演習
12 博物館における調査研究③グループで展覧会を企画する(開催要項の作成)
13 博物館における調査研究③グループで展覧会を企画する(開催要項の作成)
14 博物館における調査研究④グループで展覧会を企画する(プレゼンテーション準備)
15 博物館における調査研究⑤展覧会企画プランの発表(プレゼンテーション)+まとめ
 
到達目標 日本の博物館の現状を見据え、これからの学芸員が向かうべき道、持つべき視点を自分なりに構築してほしい。  
成績評価の方法 小レポート(リアクションシートの記述)30%、グループワークでの成果20%、期末レポート50%  
教科書 使用しない  
参考書・参考文献 特になし。参考文献等については授業内で指示する。各回、授業プリントを配布する。  
履修上の注意 ・メッセージ この授業では資料の調査研究の実践を行うので、博物館収蔵資料を生かす方法としての展覧会企画のノウハウを自らに蓄えてほしい。  
履修する上で必要な事項 身近な博物館施設をなるべく機会を見つけて訪ね、収蔵品展示(コレクション展示)を中心に見学すること。博物館がいかに自館の収蔵資料を生かしているのかを実地の見学によって学んでおくこと。  
受講を推奨する関連科目 ミュージアム科目および博物館学芸員関係科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項 「21世紀ミュージアム学」の単位を修得後、なるべく早い段階で履修すること。
後半は、グループワークにより展覧会企画を策定する。その際、発表資料(開催要項)及びプレゼン資料の作成にPCを使用する  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.