タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - ミュージアム科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   博物館実習Ⅰ  
担当教員   吉村 旭輝,橋本 唯子  
対象学年     クラス   G1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   木3,木4   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部・博物館学芸員資格取得予定者・3年生
教育学部開講【博物館資料実習A】【博物館資料実習B】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) Exercise of museology Ⅰ  
授業の概要・ねらい 博物館学芸員に必要な技能と知識を習得する演習科目である。学内教室および学内博物館施設などを利用し、具体的な技能についての実習を行う。またグループでの作業を通して企画展示のプランを作成し、実際の展覧会を学内で開催する。博物館学芸員資格を取得するためのまとめ科目であり、本科目を履修した後、4年次に同実習Ⅱを履修することになる。  
授業計画
内容
1はじめに:本実習の概要とスケジュール
2展覧会をつくるために:本学所蔵資料を展示する展覧会企画について
3民俗資料、巻子と掛幅の取扱い実習(吉村)
4屏風や絵図等の取扱い実習(吉村)
5博物館資料の撮影実習
6古典籍資料の書肆目録作成実習(橋本)
7古文書等の整理と記録(橋本)
8展覧会をつくる①展示会場の把握と企画立案
9展覧会をつくる②開催要項作成実習
10展覧会をつくる③開催要項作成実習と発表
11展覧会をつくる④展示解説等テキストの作成
12展覧会をつくる⑤展示プランの作成(グループワーク)
13展覧会をつくる⑥展覧会カタログを企画する
14展覧会をつくる⑦展覧会カタログを作成する
15展覧会をつくる⑧展示作業
 
到達目標 博物館学芸員の仕事のうち、最も華やかで最も社会とのつながりを持てる仕事、しかし一方最も厳しい仕事は「展覧会をつくる」仕事である。本授業を通じて「展覧会をつくる」とはどのような仕事なのかを身を以て体験し、その基礎的能力を取得する。  
成績評価の方法 授業内で作成した成果物と作成への姿勢を以て評価する。
実習授業であるから欠席は許されない。  
教科書 使用しないが、授業の際に資料を配布する  
参考書・参考文献 授業内で適宜紹介する  
履修上の注意 ・メッセージ 本科目は学芸員資格取得に向けての最終段階に位置するものである。本科目の単位を修得していないと、4年次に予定されている「博物館実習Ⅱ」(学外での館園実習)の履修ができないので注意すること。なお本科目は実習のため2講時連続授業の15回開講となる。  
履修する上で必要な事項 「21世紀ミュージアム学」「博物館資料論」「博物館資料保存論」「ミュージアムを使う」「ミュージアムで学ぶ」「博物館展示論」を3年次までに単位修得しているか、3年次に履修していることを履修条件とする。また本学での学びに加え、実際の博物館施設になるべく多く足を運ぶこと。  
受講を推奨する関連科目 ミュージアム科目および博物館学芸員資格関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項 実習授業であるため原則として20名の人数制限を行う。履修希望者は初回授業に必ず出席すること。
実際の展覧会を企画し,実施する。各回作業に応じてPCを使用する。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.