タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - シティズンシップ科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ミュージアムで学ぶ  
担当教員   渡部 幹雄  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   月4   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   全学部・全学年(博物館学芸員資格取得予定者は2~3年)  
科目名(英語表記) Lifelong learning : MUSEUM  
授業の概要・ねらい ミュージアムで生涯学習を推進するための必要な知職を習得し、社会教育施設職員としての基本的な資質を身に付ける。  
授業計画
内容
1ガイダンス
2生涯学習・生涯教育論の展開と学習の実際 国内外の博物館/図書館
3生涯学習社会における家庭教育・学校教育の役割と連携
4生涯学習振興策の立案と推進/
和歌山の社会教育施設事情
5教育の原理とわが国における社会教育の意義・発展・特質-団体・施設
6社会教育行政の意義・役割と一般行政との連携
7自治体の行財政制度と教育関連法規  生涯学習の関連法
8社会教育の内容・方法・形態(学習情報の提供と学習相談、評価を含む)
9学習への支援と学習成果の評価と活用
10社会教育施設・生涯学習関連施設の管理・運営と連携
11生涯学習施設の拠点としての博物館・図書館
12生涯学習施設関連の連携
13社会教育指導者の役割-ボランティア活動
14社会教育施設の専門職の役割
15まとめ
 
到達目標 学校外学習の展開を理解し、社会教育関連施設職員の役割を認識する。  
成績評価の方法 レポート70%  その他学習への取り組みを総合的に判断する。(授業への参加・グループワークでの取り組み等々)  
教科書 渡部幹雄『生涯学習概論』学文社 2016年  
参考書・参考文献 小笠原好康 『博物館の学びを作りだす』 ぎょうせい 2006年  
履修上の注意 ・メッセージ 学芸員資格取得に必要な授業です。  
履修する上で必要な事項 受講前に複数の種類の博物館を見学し、印象と課題を整理しておくこと。  
受講を推奨する関連科目 地域図書館論  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項 必要な事項はその都度連絡します。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.