タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - ミュージアム科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ビジュアルコミュニケーション  
担当教員   尾久土 正己  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   金3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   全学部・全学年(博物館学芸員資格取得予定者は2~4年)
観光学部開講【ビジュアルコミュニケーション】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) Visual Communication  
授業の概要・ねらい ビジュアルメディアと情報コミュニケーションについての基礎知識と、博物館での様々な活用事例を学ぶだけでなく、本学で研究開発中のデジタルドームシアターや超高精細映像システムなどを使った実習を通じて、新たなビジュアルコミュニケーションの装置としての博物館の可能性を考える。  
授業計画
内容
1ビジュアルメディアの歴史と基礎知識
2情報コミュニケーションの歴史と基礎知識
3ビジュアルメディアと博物館
4情報コミュニケーションと博物館
5メディアリテラシー
6博物館活動の情報化
7資料のデジタル化とアーカイブ
8博物館でのメディアの学習利用
9博物館における情報発信(管理と公開)
10新たなビジュアルコミュニケーション1(デジタルドームシアターの見学)
11新たなビジュアルコミュニケーション2(超高精細カメラ、全方位カメラ)
12情報発信の実践(キャンパスのデジタルミュージアム化)
13情報発信の実践(キャンパスのデジタルミュージアム化)
14知的財産権(著作権・肖像権等)
15新しい博物館に向けて
 
到達目標 情報とメディアの基礎をその歴史から学び、それらを様々な形で利用している博物館を例に、活用方法及び情報発信の課題等について理解し、情報の提供と活用等に関する基礎的な能力を養う。  
成績評価の方法 授業中の発言や掲示板「ひろば」への投稿を通じての授業への参加、中間レポート、最終レポートなどを総合的に評価する。  
教科書 特になし  
参考書・参考文献 授業中に紹介する  
履修上の注意 ・メッセージ 本講義は、博物館学芸員資格取得のための講義になっています。資格取得を目指す人は他の必要な講義も合わせて受講してください。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項 スクリーンに投影するパワーポイントの要点はテキストファイルとして毎回提供しますので、パソコンを持参すればノート代わりになります。また、毎回のテーマに関連したトピックスが合った場合には、必要に応じてゲストスピーカーに来ていただき、最新の情報を話していただくこともあります。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.