タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   日本語ⅡA2  
担当教員   山田 佳古  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   留学生・2年生以上
学部留学生は日本語Ⅱを受講するには、日本語Ⅰを受講しておかなければならない。  
科目名(英語表記) Japanese ⅡA2  
授業の概要・ねらい ・「読む・書く」ことを中心に、学習・研究活動に主体的・積極的に取り組む自立学習の態度を身につける。
・読み物をまとめて作文したり、意見を書いて、発表したりする力をつける。  
授業計画 計画は、受講生のニーズやレベルなどにより適宜調整する。
内容
1第1回 プレイスメントテスト
2第2回 授業説明、読み物などまとめて、書く、話す練習1
3第3回 読み物などまとめて、書く、話す練習2
4第4回 読み物などまとめて、書く、話す練習3
5第5回 読み物などまとめて、書く、話す練習4
6第6回 書く練習1
7第7回 書く練習2
8第8回 書く練習3
9第9回 書く練習4
10第10回 発表する練習1
11第11回 発表する練習2
12第12回 発表する練習3
13第13回 発表1
14第14回 発表2
15第15回 発表3、まとめ
 
到達目標 科目の受講や単位取得に必要な語学力の向上を図る。  
成績評価の方法 平常点30%、小テスト20%、試験50%で評価する。  
教科書 特に定めない。  
参考書・参考文献 必要に応じてクラスで指示する。  
履修上の注意 ・メッセージ ・日本語の一定能力(日本語能力試験N3程度以上)を持つもの。
・学部留学生は、日本語Ⅰを履修していること。
・交換留学生、日研生は、学年にかかわらず履修できる。
・4回欠席すると、単位は出ない。
・プレイスメントテストを受けなければ、受講できない。
・Live Campus、メールを使用することもある。
・研究生も受講可能だが、Live Campusを利用することもあるので、必ず受講登録をすること。  
履修する上で必要な事項 欠席する場合は事前に連絡すること。  
受講を推奨する関連科目 日本語ⅡB2、日本文化とビジネスジャパニーズ1  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項 日本語ⅡC2とは内容は異なる。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.