タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   日本語ⅡB1  
担当教員   高橋 敦子  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水3   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   留学生・2年生以上
学部留学生は日本語Ⅱを受講するには、日本語Ⅰを受講しておかなければならない。  
科目名(英語表記) Japanese ⅡB1  
授業の概要・ねらい ・正規学部留学生2年生を対象として、科目受講および専門研究やゼミ発表などに必要な語学力の向上を図る。
・学習・研究活動に主体的・積極的に取り組む自立学習の態度を身につける。
・授業は、講義を含む演習形式で行う。
・自分の日本語能力を、目的に照らしてチェックしながら学習を進めてゆくための自己評価能力を養う。
・ディスカッションを通して自分の価値観や意見を述べる力を身につける。また、ディベートを通して、様々な側面から物事を捉え、考え、意見を述べる力を身につける。その後、客観的、論理的思考に基づいて、自分の考えをまとめ、作文し、アカデミックな文章を書く能力を養う。
・様々な考え方があるテーマを選択し、それぞれの立場からの意見を述べつつ自分の考えをまとめ、的確にわかりやすく発表する能力を身につける。
・日本語Ⅱは、ⅡA・ⅡBをセットとして、日本語能力の向上を図る。


 
授業計画 授業計画は、受講学生数により、適宜調整する。
1.プレイスメントテスト、科目概要説明、発表日の日程など
2.口頭発表練習1
3.口頭発表練習2 
4.レジュメの作成方法 及び 意見文の書き方
5.発表・ディスカッション、またはディベート1
6.発表・ディスカッション、またはディベート2
7.発表・ディスカッション、またはディベート3
8.発表・ディスカッション、またはディベート4
9.発表・ディスカッション、またはディベート5
10.発表・ディスカッション、またはディベート 6
11.発表・ディスカッション、またはディベート7
12.発表・ディスカッション、またはディベート8
13.発表・ディスカッション、またはディベート 9
14.発表・ディスカッション、またはディベート 10
15. まとめ
 
到達目標 ・正規学部留学生2年生を対象として、科目受講および専門研究やゼミ発表に必要な語学力の向上を図る。
 
成績評価の方法 平常点30%、小テスト20%、試験50%で評価する。くわしいきまりを最初の時間に提示するので、それに従う。

 
教科書 特に定めない。  
参考書・参考文献 特に定めない。  
履修上の注意 ・メッセージ ・日本語ⅡA・ⅡBは、セットで取ることが望ましい。
・第1回の授業で必ずプレイスメントテストを受けること。受験していない場合は履修できない。     
・日本語の一定能力を持ち、4年間学部に在籍する留学生2年生用の授業である。
・研究生、大学院生などが履修を希望する場合は、担当教員の許可を得ること。
・ボランティア日本語教員による日本語支援を受けることもできる。
 
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.