タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - ミュージアム科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   博物館実習Ⅰ  
担当教員   吉村 旭輝,橋本 唯子  
対象学年     クラス   G2  
講義室     開講学期   通年  
曜日・時限   時間外,   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部・博物館学芸員資格取得予定者・3年生
教育学部開講【博物館資料実習A】【博物館資料実習B】取得者は受講不可 
後期木曜3,4時限の受講が困難な学生対象  
科目名(英語表記) Exercise of museology Ⅰ  
授業の概要・ねらい 博物館学芸員に必要な技能と知識を習得する演習科目である。学内教室および学内博物館施設などを利用し、具体的な技能についての実習を行う。博物館学芸員資格を取得するためのまとめ科目であり、本科目を履修した後、4 年次に同実習Ⅱを履修することになる。開講日は受講生と相談して決定する。  
授業計画 本学紀州経済史文化史研究所で実施する展覧会実務を見学し、また自身でもこれを体験して、学芸員としての実践的能力を培う。加えて、日程を設けて歴史資料、民俗資料、美術資料等の扱いなどを、実地にて学ぶ。
内容
1ガイダンス
2紀州経済史文化史研究所特別展見学
3展覧会ができるまで
4民俗資料の取り扱いⅠ:無形文化財
5民俗資料の取り扱いⅡ:有形文化財
6歴史資料の取り扱いⅠ:古文書
7歴史資料の取り扱いⅡ:巻子・掛幅
8美術資料の取り扱い
9展覧会をつくるⅠ:展示会場の把握と企画立案
10展覧会をつくるⅡ:開催要項の作成
11展覧会をつくるⅢ:チラシ・ポスターの作成
12展覧会をつくるⅣ:図録の企画・作成
13展覧会をつくるⅤ:キャプションの作成・展示レイアウト
14展覧会をつくるⅥ:展示作業
15展覧会をつくるⅦ:展示案内・学芸員とミュージアムエジュケーターとしての実践
 
到達目標 博物館学芸員として、展覧会作成や資料の保存と活用にむけての資料収集に必要な技量を身につけるための実習を行ない、その基礎的能力を取得する。  
成績評価の方法 期末の展覧会成果にて評価する。  
教科書 授業中に資料を配布する。  
参考書・参考文献 授業内で適宜紹介する。  
履修上の注意 ・メッセージ 「21世紀ミュージアム学」「博物館資料論」「博物館資料保存論」「ミュージアムを使う」「ミュージアムで学ぶ」「博物館展示論」を3年次までに単位修得 しているか、3年次に履修していることを履修条件とする。また本学での学びに加え、実際の博物館施設になるべく多く足を運ぶこと。  
履修する上で必要な事項 本科目は学芸員資格取得に向けての最終段階に位置するものである。本科目の単位を修得していないと、4年次に予定されている「博物館実習Ⅱ」(学外での館 園実習)の履修ができないので注意すること。なお初回のガイダンスで開講日程の調整を行なう。  
受講を推奨する関連科目 ミュージアム科目および博物館学芸員資格関連科目  
授業時間外学修についての指示 確実に学芸員としての技量を身につけるため、本実習前の準備および受講後は内容の反復練習を行なうこと。また事前に授業内容に沿った学習を進めておくこと。  
その他連絡事項 実習授業であるため原則として20名の人数制限を行う。履修希望者は初回授業に必ず出席すること。
後期木曜3,4時限の授業内容とすり合わせて実施。作業に応じてPCを使用する。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.