タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ドイツ語中級A  
担当教員   千田 まや  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部  
科目名(英語表記) Intermediate German A  
授業の概要・ねらい ドイツ語初級文法の知識をふまえ、独語検定4級から3級レベルのリスニング、読解、会話の応用力を習得する。
 
授業計画
内容
1ガイダンス
ドイツ語で自己紹介
2初級文法の復習と会話練習(1)
ドイツ語検定4級レベルの長文読解(1)
3初級文法の復習と会話練習(2)
ドイツ語検定4級レベルの長文読解(2)
4初級文法の復習と会話練習(3)
ドイツ語検定4級レベルの長文読解(3)
5初級文法の復習と会話練習(4)
ドイツ語検定4級レベルの長文読解(4)
6初級文法の復習と会話練習(5)
ドイツ語検定4級レベルの長文読解(5)
7初級文法の復習と会話練習(6)
ドイツ語検定4級レベルの長文読解(6)
8リスニング練習(1)
ドイツ語検定3級レベルの長文読解(1)
9リスニング練習(2)
ドイツ語検定3級レベルの長文読解(2)
10リスニング練習(3)
ドイツ語検定3級レベルの長文読解(3)
11リスニング練習(4)
ドイツ語検定3級レベルの長文読解(4)
12リスニング練習(5)
ドイツ語検定3級レベルの長文読解(5)
13リスニング練習(6)
ドイツ語検定3級レベルの長文読解(6)
14演習
15演習
 
到達目標 独語検定4級から3級レベルの応用力を習得する。  
成績評価の方法 毎時間の課題50%、期末試験50%  
教科書 プリント配布  
参考書・参考文献 授業中に適宜指示する  
履修上の注意 ・メッセージ 毎回の予習と復習を必ず行ってください。  
履修する上で必要な事項 ドイツ語初級I、Ⅱを履修済であること。  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 予習復習あわせて毎週4時間は必要です。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.