タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   フランス語初級Ⅱ  
担当教員   小林 裕史,藤本 智成  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火4,木2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部
【フランス語○Ⅱ】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) Elementary French Ⅱ  
授業の概要・ねらい フランス語の基本的な文法事項を学ぶ。細かい例外にこだわるより、基本的原則を覚え、おおまかに、文法の仕組みを理解する事が授業の狙いとなる。とはいえ、完全に丸暗記するしかない事項も多い。暗記なくして、言語習得はありえないということを肝に銘じること。なお、授業中には、適宜、基本表現を紹介したり、CDを再生することで、基本的な表現力も身につける事ができるよう配慮する。
なお、本授業は前期開設のフランス語IA/Bとセットで履修することで、フランス語文法の全体が習得できる。  
授業計画 授業計画 最終回の予備日で解消できる程度の誤差は生じ得る。予定を過信しすぎないこと。

第1回 第一章:代名動詞・特殊な-er動詞
第2回 第二章:不規則動詞・所有形容詞・非人称動詞
第3回 第三章:関係詞(1)
第4回 第四章:指示代名詞・関係詞(2)
第5回 第五章:直説法半過去・大過去・現在分詞
第6回 第六章:最上級・比較級・受動態・不定代名詞ON
第7回 中間試験
第8回 第七章:直説法単純未来・前未来・否定表現
第9回 第八章:疑問詞(1)・命令法
第10回 第九章:疑問詞(2)・中性代名詞
第11回 第十章:条件法・話法
第12回 第十一章:時称の一致・間接疑問文
第13回 第十二章:接続法
第14回 第十二章:直説法単純過去・前過去
第15回 総括:中級に向けて
 
到達目標 フランス語検定四級程度の文法力と表現力を身につける。  
成績評価の方法 中間試験と期末試験の点数を1:2の比率で100点満点換算する。  
教科書 授業初回に配布する。辞書・参考書類もその際に紹介する。  
参考書・参考文献 上記参照  
履修上の注意 ・メッセージ 語学の基本は暗記である。暗記するように指示された事項は、その週のうちに暗記してしまうこと。
 
履修する上で必要な事項 フランス語初級I,ⅠAないしⅠBを履修済であること  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.