タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   中国語会話中級  
担当教員   王 妙発  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木1   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部
【国際コミュニケーション論(中国語)Ⅰ】【中国語会話中級A】【中国語会話中級B】取得者は受講不可  
科目名(英語表記) Intermediate Chinese Conversation  
授業の概要・ねらい 授業のねらい:中級レベルの中国語会話の能力を身につけて、さらに中国語会話上級の履修によって、卒業時に中国語を用いて不自由なく仕事ができる語学力を養成したい。
概要:テキストに従って少人数のグループに分けて会話を練習する。
科目の位置付け:「中国語会話初級Ⅱ」の後継科目。
本科目修了後、中国語会話上級を継続して受講するとの設定である。
 
授業計画 第1回   テキスト・講義についての説明 第1課
第2-4回    第1-2課
第5-7回    第3-4課
第8-10回   第5-6課
第11-13回  第7-8課
第14-15回  復習・質疑応答・試験
 
到達目標 中国語会話中級の学習目標として、次の四点を考えている。
①ピンイン(ローマ字表記)を完全に把握する。
②基礎的な文法を深く理解する。
③基本会話を覚え、自由に話すことができる。
④中国文化についての基礎的な知識を持つ。  
成績評価の方法 勉学態度・練習・宿題等平常点50%、期末口頭試験50%。  
教科書 『(中検4級・3級対応)やさしい中国語中級会話・読み物』、豊嶋裕子、光生館  
参考書・参考文献 授業中に指示する。  
履修上の注意 ・メッセージ 履修条件:中国語8単位以上を修了。遅刻・欠席は正当な理由がないかぎり認めない。予習・復習・宿題も勉学の一環で、怠ってはいけない。
 
履修する上で必要な事項 中国語辞書の用意は不可欠。  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.