タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - コミュニケーション科目(言語コミュニケーション科目)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ハングル中級  
担当教員   千 英子  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部  
科目名(英語表記) Intermediate Korean  
授業の概要・ねらい 読み書き能力向上を図るとともに、平易な日常会話が可能となる程度の口頭運用能力を養成します。  
授業計画
内容
1遅れて申しわけありません(文法)
2遅れて申しわけありません(練習と会話)
3この背の高い人がご主人ですか(文法)
4この背の高い人がご主人ですか(練習と会話)
5付き合っている人はいなかったです(文法)
6付き合っている人はいなかったです(練習と会話)
7通いながらずっと学びましたか(文法)
8通いながらずっと学びましたか(練習と会話)
9小テストとビデオの鑑賞
10どこへ行くつもりですか(文法)
11どこへ行くつもりですか(練習と会話)
12小学校で習ったことがありますよ(文法)
13小学校で習ったことがありますよ(練習と会話)
14小テストとビデオの鑑賞
15まとめと質疑解答
 
到達目標 韓国語によるコミュニケーション能力はもとより、韓国社会と文化への理解を深める良い機会になる。  
成績評価の方法 平常点(40%)と定期試験の成績(60%)により総合的に評価する。  
教科書 基礎から学ぶ韓国語講座(中級)木内明著  国書刊行会  
参考書・参考文献 ポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典(小学館)  
履修上の注意 ・メッセージ 毎日のように学習を続ける習慣を身につけてください。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.