タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - わかやま未来学副専攻科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   地域協働自主演習Ⅱ  
担当教員   藤田 和史,西川 一弘,木村 亮介,佐藤 祐介,大坪 史人,田代 優秋,冨永 哲雄,友渕 貴之,金子 泰純,宮川 智子,大浦 由美,永瀬 節治  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   木5   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   全学部・2年生(わかやま未来学副専攻履修者対象)  
科目名(英語表記) Community Collaboration Self-planning Exercise II  
授業の概要・ねらい わかやま未来学副専攻科目として、和歌山県の各地域が抱える課題を対象としたフィールドワークを中心とする授業です。副専攻の4つのテーマ「6次産業化」「商品・技術開発」「移住先進地の再興」「命と生活のインフラ」に基づいて提供される複数のプロジェクトから一つを選択し、それぞれの地域(分野)において、課題発見から解決策を見いだすまでの一連のプロセスを実践的に学ぶ演習科目です。  
授業計画 1コマ目:全体ガイダンス
2コマ目:全体安全指導など
8コマ目:中間報告会・ふりかえり

3コマ目~14コマ目:各プロジェクトに分かれて地域フィールドでの演習
授業開始~翌年1月末までの期間において合計30時間以上の活動を予定しています。

15コマ目:合同で成果発表会・ふりかえりを行う。  
到達目標 各テーマ・プロジェクトに沿って和歌山県の現状・課題・可能性を理解したうえで、
それらに自らがいかに取り組んでいくことができるかを考え、
グループワークを通じて提案します。  
成績評価の方法 プロジェクトのプロセス 50%、  レポート(最終) 50%
※グループワークでは自発的に与えられた役割を果たすことが高評価につながります。  
教科書 指定なし  
参考書・参考文献  
履修上の注意 ・メッセージ この授業は各プロジェクトに分かれて行います。基本は木曜5限ですが、各プロジェクトのスケジュールに従って、集中形式も併用して開講します。履修の際は各プロジェクト担当教員からの日程等の連絡を必ず確かめて授業に参加してください。
・わかやま未来学副専攻の必修科目です。
わかやま未来学副専攻を修了するためには、この講義の履修が必要です。
※この講義の履修は、わかやま未来学副専攻の登録および、地域協働セミナー、地域協働自主演習Iの履修が必須条件になります。ただし、やむを得ない事情により、地域協働セミナーを未履修の場合は別途対応の可能性がありますので、COC+推進室まで問い合わせてください。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 ・別途実施する副専攻科目(地域専門科目群含む)
・「わかやま」学群科目
・別途実施するプレゼンテーションに関わる科目(プレゼンテーションデザイン入門)  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.