タイトル「2017年度 教養科目シラバス」、フォルダ「2017年度 教養科目シラバス - サテライト科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   地域課題へのむきあい方  
担当教員   藤田 和史,西川 一弘,佐藤 祐介  
対象学年     クラス    
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限     単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項   全学部・全学生
実施場所:岸和田サテライト(岸和田市)

 
備考    
科目名(英語表記) Methodologies and Works for Solving/Treating Regional Problems  
授業の概要・ねらい 現在,地域社会においては,課題が山積しています.それらの課題に対し,大学という知的資源は,課題の改善/解決を目指す様々な実践を展開しています.この授業では,それらを紹介し,それを学ぶことを通じて,地域の課題へのむきあい方(方法論・過程)について,グループワークを通じて修得することを目指します.  
授業計画 開講場所:岸和田サテライト(岸和田市立浪切ホール内)
【日程】
1. 11月25日(土)13:00~16:40
2. 12月 2日(土)13:00~16:20
3. 12月 9日(土)13:00~16:20
4. 12月16日(土)13:00~16:20
5. 1月 6 日(土)13:00~16:20
6. 1月20日(土)13:00~16:20
7. 1月27日(土)13:00~16:20
【内容】
1. 地域課題とむきあうための方法と心得(佐藤)
…地域課題を考えるために必要となる方法論・作法について学びます
2.3.「地方創生」を多角的に考える(西川)
…地方都市の現状・まち論を素材として,地方創生の課題を考察します
4.5.「水鉄砲」問題にみる大学と地域の関係(藤田)
…新聞のコラムを素材に,大学が地域で行う「実践」のあり方を考えます
6.  岸和田の地域課題を考える(全教員)
…岸和田・泉州地域が抱える課題を考えるグループワークを行います
7.  グループワーク発表(全教員)
…グループごとに課題の改善/解決方法について報告してもらいます  
到達目標 適切な方法・手順・作法に則って,地域が抱える課題の改善/解決に取り組むことができる.  
成績評価の方法 グループワークおよび個人レポートにより評価します.  
教科書 特に定めません.  
参考書・参考文献 適宜紹介します.  
履修上の注意 ・メッセージ 岸和田サテライトでの開講です,地元の方々とともに学びます.積極的な参加・取り組みを期待します.  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 わかやま学群科目,わかやま未来学副専攻科目群  
授業時間外学修についての指示 本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.