タイトル「2017年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   特別活動・教科外活動論(中等)  
担当教員   舩越 勝  
対象学年   1年   クラス   L1  
講義室   L101   開講学期   後期  
曜日・時限   水2   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Lecture on Extraーcurricular Activities for Secondary School  
授業の概要・ねらい どうしても教師になりたい人のための特別活動・教科外活動における教師の子どもへの様々な指導に関する基礎的な知識とスキルを身に付けるためのレッスンとして行う.  
授業計画
内容
1オリエンテーション-学習指導要領における特別活動の内容と位置-
2班・グループ・クラブの指導技術
3リーダ-指導の技術
4学級づくり・学級活動の実践のケーススタディ
5学級づくりと学級経営の実践記録の分析
6中学校の特別活動の実践(現職教員の特別授業)
7学級会・話し合い・討議の指導の技術
8企画原案の作成のレッスン(生徒会活動を含む)
9行事づくりのワークショップ(模擬学級会・全校総会を含む)
10集団遊び・レクの指導技術
11郡読の指導技術
12「荒れ」・暴力・学級崩壊に挑む
13不登校に取り組む実践
14特別活動のワークショップ
15まとめと試験
 
到達目標 1.特別活動・教科外活動に関する基礎的な知識に関する理解を深める。
2.教師に求められる具体的な指導技術を,ロールプレイやワークショップなどを通して,身に付ける。  
成績評価の方法 教師の具体的な指導のあり方をめぐって,討論や意見の交換,実際に自分でやってみる,体験してみる(ロールプレイ,ワークショップ.模擬体験など)を重視して授業を行う.
評価は,出席とテストの結果を総合して行う.  
教科書 プリントを配布する。  
参考書・参考文献 『新版学級集団づくり入門 中学校編』(明治図書)
『共同グループを育てるー今こそ集団づくり』(クリエイツかもがわ)  
履修上の注意・メッセージ 教師になる強い意志のある者の受講を望む  
履修する上で必要な事項 授業には必ず出席してください  
受講を推奨する関連科目 道徳教育論B、生活指導実践論、人権教育実践論、小学校授業づくり実践論  
授業時間外学修についての指示 授業のなかで出された課題をしっかり行ってください。  
その他連絡事項 特になし  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.