タイトル「2017年度 システム工学部シラバス」、フォルダ「2017年度 システム工学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育心理学S  
担当教員   竹田 眞理子  
対象学年   3年   クラス   S1  
講義室   E-102   開講学期   前期  
曜日・時限   金2   単位区分   選択  
授業形態     単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Educational Psychology S  
授業の概要・ねらい 教育心理学について概説する。また、教育現場で起こっている問題についても、理論との関係でトピック的に取り上げる。  
授業計画
内容
1導入
2教育心理学の方法
3学習(学習理論)
4学習(学習の方法)
5学習(学習意欲)
6発達(発達とは、発達の原理、発達課題、発達区分、乳児期、幼児期)
7発達(児童期、青年期)
8パーソナリティ(類型論と特性論)
9パーソナリティ(パーソナリティ理解の方法)
10知能(知能の理論)
11知能(知能の測定)、創造性
12適応、児童・生徒理解と指導
13学級集団の把握と理解
14障害の理解、教育測定・教育評価
15まとめ、レポートに対するコメント
 
到達目標 ・教育心理学の基礎知識を得る
・教育や人間に対して、心理学的なものの見方ができ る
・現代の教育諸問題について、教育心理学的アプローチを知り、理解を深める  
成績評価の方法 冬休みに課題あり。試験、レポート、出席などによる総合評価。遅刻は原則として欠席扱いとする。  
教科書 初回授業で指示する  
参考書・参考文献  
履修上の注意・メッセージ  
履修する上で必要な事項 2年生以上  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 随時紹介する文献を読むこと。教育問題に関するニュース、情報に日頃から関心を持ち、接しておくこと。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.