タイトル「2017年度 システム工学部シラバス」、フォルダ「2017年度 システム工学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育制度と社会  
担当教員   土田 陽子  
対象学年   3年   クラス   S1  
講義室   A-103   開講学期   前期  
曜日・時限   月5   単位区分   選択  
授業形態     単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Education System and Society  
授業の概要・ねらい 本講義では次にあげる2つの内容について取り上げる。1つは近現代日本における教育制度である。時代の変化とともに学校教育を支える制度がどう改革を重ねてきたのか、その大きな流れを概説する。2つ目の内容は現代社会が抱える教育問題である。ここでは社会学的な視点から学校教育が果たしている社会的機能について理解するとともに、学校が内包している諸問題に関する知識を身につけ、学生自らが考える力、問題に対処できる力を養うことを目指している。  
授業計画
内容
1ガイダンス―授業の概要と評価についての説明
2近代日本の教育制度
3近代日本の教育問題―教育機会の不平等と学力をめぐる問題
4戦後日本の教育改革―戦後教育を支える法制度
5教育行政の組織と運営
6学校の組織と運営
7近年の教育制度改革
8学校の社会的機能
9社会階層と教育格差・学力格差の問題
10学校教育とジェンダーの問題
11多様な性と学校教育―セクシュアル・マイノリティについて考える
12いじめ問題について考える
13不登校問題について考える
14学校から職業への移行―若年層の就労をめぐる問題
15まとめ
 
到達目標 日本の教育制度と教育に関する経営的事項について基礎定な知識を養う。また、学校教育をめぐる諸問題に関して理解を深められるようになる。  
成績評価の方法 リアクションペーパー(20%)・小レポート(20%)・試験(60%)  
教科書 毎回プリントを配布する  
参考書・参考文献 特になし。適宜授業中に紹介する。  
履修上の注意・メッセージ  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.